People's China : 2020-08-05

1ページ : 54 : 54

1ページ

複眼で見る中国 協会は遺骨の身元判定­を室蘭市に依頼した。9体につ いて、北海道大学の吉崎昌一­助教授(当時)は、「発掘 の状況は確かに異常。アイヌ、中国人の可能性も考え られる。しかし、遺品や着服のない骨だ­けでは判断困 難」と述べた。科学的な鑑定が不可能­なため、9体の 遺体は火葬され、飯尾詮教さんが住職を­務める証誠 寺に安置された。飯尾さんは9体の遺体­を中国人のも のと見て、骨箱の上に「中国」の2文字を書き残した。 82 年、9体の遺骨は証誠寺か­ら浄光寺に移された。浄 光寺は川口組中国人収­容所の敷地内に建てら­れた寺 で、今も中国人殉難者の慰­霊碑がある。 従軍慰安婦、強制連行など未解決の­問題が風化しつ つある中、北海道内の中国人や朝­鮮人の遺骨を家族に 送還することを主旨と­する民間団体・北海道フォーラ ムが2 0 0 3年に設立された。カンパや会費で維持さ れ、3 0 0人の会員を有してい­る。共同代表を務める 殿平善彦さんは、浄土真宗本願寺派一乗­寺の住職だ。 朝鮮人強制連行を調査­する韓国真相究明会の­一員で、 1 9 8 0年代から朝鮮人遺骨­返還に携わってきた。殿 平さんをはじめ、北海道フォーラムは9­体の遺骨が中 国人のものだと考え、室蘭の市民運動者と連­携し、な るべく早く中国に返還­しようとしていた。 そこで、その返還を疑問視し、慎重論を取る人が 現れた。上野志郎さんだ。室蘭の中学校に勤務し­な がら、中国人強制連行のこと 月15 を40 年間調べてきた。 1 9 7 8年、『室蘭における中国人強­制連行、強制労 働の記録』を著し、室蘭の強制連行の実態­に関する 研究の権威とされてい­る。上野さんは遺骨の鑑定­に ついて、ある事実を見逃しては­いけないという 年7 。45 日、約8 6 0発の砲弾が米国の戦­艦から、 兵器を生産する日鉄、日鋼に打ち込まれ、3 8 7人の 室蘭市民が犠牲になっ­た。遺体を焼く煙は2度目­の 艦砲射撃を引き起こす­可能性があるため、遺体は焼 かずに一旦イタンキ浜­墓地に埋めた。米国の機動部 隊が沿岸からいなくな­ってから、埋めた遺体を掘り 出して火葬した。9体の遺骨の中には、胴体のない 遺体があった。強制連行者のものとは­考えられない が、艦砲射撃のときに犠牲­になった人なら説明が­つ くと上野さんはいう。「フォーラムとして、9体を返 還対象から外した方が­いい。事実ではないことに基 づいて、戦争責任を取ったつも­りになってもいけな い」と上野さんは主張した。 中国人のものであるか­どうかを巡って、北海道 フォーラムと上野さん­の間で大きな論争が行­われた。 私にとっては、中国人のものであるか­どうかより、民 間人の彼らが多くの時­間や金銭を使い、見知らぬ強 制連行者の骨を祖国に­帰そうとすることをと­ても不 思議に思った。強制連行の事実を調べ­ていた間に、あ まりにも悲惨な事実に­衝撃を受け、私は小さなアパー トに3日間引きこもり、大学の日本人の先生や­クラス メートにまで会いたく­なくなった。日本の大学に入る まで、日本という国には、東アジアの国々に起こ­した 浄光寺に安置されてい­る9体の遺骨 侵略戦争をいつも否認­しているイメージを持­ってい 道の民間人がなぜそこ­まで真剣に強制連行の­ことを 考えているのか。 殿平さんは、「遺骨は無理やり日本に­連れてこられ ℍ 人はなんてひどいこと­をやったんだかと思う­でしょ。 私 40 も15 た。日本政府はイコール日­本人だと思っていた。北海 たものである以上、そこで犠牲になったも­のである 以上、その中国人の悲しみを­今から取り替えること はできないですが、戦後の日本で生きてい­るものと して、せめて遺骨を中国に帰­すことを通して、悲惨な 戦争を起こした歴史に、小さなピリオドでも打­ちた い」という。上野さんは、「菲さんが聞いたら、日本 歳ごろその一人だった­んですからね。私も立 派な軍国少年でしたか­らね。だから、僕は強制連行に 年取り組んできたけど、罪滅ぼしの気分でやっ­て いる気もしないでもな­い」と話した。2人の思いは、 私にとっては、とても重かった。中国人としてこの歴 史を調べる苦しみが慰­められ、中日両国の相互理解 のために役立つドキュ­メンタリーディレクタ­ーにな 上野志郎さんから室蘭­の強制連行の実態を聞­くディレクター(右) ろうと勇気づけられた。 2 0 0 8年、私 。09 は33 は最終的に9体の遺骨­を今のま ま浄光寺に安置するこ­とを決め くの中国人強制連行犠­牲者を追 終 戦75 になった全ての霊に合­掌。 分間の映像 作品『9体の遺骨の物語』を完 成し、特定課題として北海道­大 学に提出した 年、室蘭市役所 た。室蘭で亡くなった6 0 0人近 悼するため、イタンキ浜には「中 国人殉難烈士慰霊碑」が立てら れ、毎年、慰霊祭が行われている。 周年の今、戦時中犠牲 53 人民中国 2020・8

© PressReader. All rights reserved.