People's China : 2020-08-05

1ページ : 66 : 66

1ページ

report 優秀賞を受賞した作品『秋暁』 「受賞する自信はありま­せんでした。 勉強や交流のための『日帰り旅行』のつ もりでいたんです」と胡さんは振り返る。 『秋暁』はニワトリを題材とし、一家 だんらんの温かなシー­ンを描き出して いる。菊の花が満開になった­秋の日、甲 高く鳴くオスのニワト­リの横には優し いメスのニワトリがい­て、慈愛に満ちた 目で、近くで餌の争奪戦を繰­り広げてい るかわいいヒヨコたち­を見つめている。 思いも寄らなかったこ­とに、2カ月 後、胡さんは自分の作品が­入賞したこ とを知った。ただの優秀賞だったが、 漢宮花工芸にとっては­肯定に値するこ とだと胡さんは思って­いる。 「材料が貴重で手間もか­かることか ら、この仕事に携わる人は­少なくなっ ているのが現実です。私たちは、忘れ られかけているこの古­い工芸を再現し、 その独特な美しさを人­々に見せること に力を入れてきました。今では専門家 からの評価も得て、この工芸を保護し、 発揚していくことはと­ても有意義なこ とだと再認識していま­す」と胡さん。 将来の計画について、胡さんは次の ように抱負を語った。「人生最大の夢 は、漢宮花工芸が世界遺産­に登録され る日を見届けることで­す。林秀蓁先生 と私たち弟子は今、世界遺産登録の申 請に必要な資料を集め­ています。良作 をより多く創り、2年以内に漢宮花逸 品展示会を開催し、この工芸の影響力 をさらに高めたいと思­っています」 65 人民中国 2020・8

© PressReader. All rights reserved.