みどころ&史跡/ユネスコ世界遺産•散策コース

Bordeaux (Japanese) - - 旅行用キット -

1 MONUMENT AUX GIRONDINS (ジロンド派記念碑)

カンコンス広場の中央にそびえる高さ43メートルの円柱の上に輝く「鎖から

自らを解き放つ自由の女神像(」1895-1901)は、大革命後の恐怖政治の犠牲となったジロンド派議員を偲ぶ記念碑です.

2 MAISON GOBINEAU (ガビノー館)

1788年に建設されたボルドー風「フラットアイアンビル」.ここは現在ボルドーワイン委員会CIVBの本部とそのワインバー.まさにお墨付きの場所です.

3 GRAND-THÉÂTRE (グラン•テアトル / 大劇場)

ボルドー国立オペラの本拠地ヨーロッパ建築の傑作といえる壮麗な建物.この大階段はパリのオペラ•ガルニエ宮の建築家にもインスピレーションを与えました. 石造りの12の彫像(9

人のミューズと、3人の女神ミネルバ、ヴィーナス、ジュノン)を戴いた柱廊をフ

ァサードにしたこの劇場は、世界で最も美しい18世紀の劇場のひとつ.

4 ÉGLISE NOTRE-DAME (ノートルダム協会)

ドミニコ会修道士によって建てられたこの教会は、典型的な対抗宗教改革のバロック建築です.教会の中庭は、歴史物の映画の撮影に度々使われています.

5 COUR MABLY (マブリーの中庭)

かつてドミニコ会修道院の回廊だった建物には、現在は地域圏会計検査院の本部が入り、展覧会やコンサートの場所としても使われています.

6 PORTE DIJEAUX (ディジョー門)

1748-1753年にミシェル•ヴォワザンによって築かれたディジョー門の設計はポルティエ、彫刻はフランシンが手掛けています.市へ入るためのモニュメンタルな入口のひとつで、樹々に囲まれた美しいガンベッタ広場Place Gambettaへ通じています.

7 PALAIS ROHAN, HOTEL DE VILLE (ロアン宮殿、ボルドー市庁舎)

1771年から1783年に建造されたロアン宮殿は、大革命後1800年にはジ

ロンド県庁として、次いで王宮として使われたあと、1837年に市庁舎となりました.優美な庭園が市庁舎のホールとボルドー美術館のエントランスを繋いでいます.

8 CATHÉDRALE SAINT-ANDRÉ ET TOUR PEY-BERLAND (サン=タンドレ大聖堂とペイ=ベルラン塔)

12世紀から16世紀にかけて建設されたゴシック様式の大聖堂は、アリエノー

ル•ダキテーヌと後のルイ7世、そしてアンヌ•ドーロリッシュとルイ13世とい

う、2組のロイヤル•ウエディングが行われた場所でもあります.ペイ=ベルラ

ン塔は大聖堂とは別に15世紀に建てられた鐘楼で、塔の上からはひと味違うボルドーの景観が臨めます.

9 MUSÉE D’AQUITAINE (アキテーヌ博物館)

この博物館では先史時代から現在までのアキテーヌ地方、とくにボルドーの歴史を辿ることができます.

10 GROSSE CLOCHE (グロスクロッシュ•大鐘楼)

ボルドーの歴史的な鐘塔で、13世紀の街砦門の中で姿をとどめている唯一

の史跡です.1775年にテュルメルが鋳造した鐘の重量は7800キログラム.

鐘が響きわたるのは年に5回、1月1日、5月8日、7月14日、8月28日と11月

11日です.

11 PLACE FERNAND-LAFARGUE (フェルナン=ラファルグ広場)

かつての市の立った広場(1155年)で、一時は晒し台が置かれたこともありました.今は、サン=ジェームス通りと共に、ボルドーの新しいトレンディー•スポットとなり、レストラン、ワインバーやデザインショップが目白押し!

12 PORTE CAILHAU (カイヨー門)

フォルヌの戦い(イタリア)で勝利を納めたフランス王シャルル7世を讃えるために造られた防衛門です.興味深い見学&見晴らしのよい展望台.

13 ÉGLISE SAINT-PIERRE (サン=ピエール教会)

ガロロマン時代の港の跡に、14世紀から15世紀にかけて建てられた教会.教会広場と広場を囲む、舗石の敷きつめられた狭い小路が「かつてのボルドー」の名残りです.

14 PLACE DU PARLEMENT (パルルマン広場 / 議会広場)

ボルドーで最もイタリア風なこの広場は、1754年に地方長官トゥルニーの決定で造られました.中央には、ルイ•ガロス(1865年)作の噴水があり、周辺には沢山のレストランがあります.

15 PLACE DE LA BOURSE(ブルス広場)

啓蒙時代、1729-1733年にジャック•ガブリエルによって造られた、ボルドーの中でも最もヴェルサイユ風な広場. 18世紀には「ロワイヤル広場」と呼ばれ、ブルス館と共に商品の値段を決定する場所となりました.広場に輝きを添

えるのは、中央にある三美神の噴水(1869年).南側の翼にはボルドーの世界遺産を解説するBordeaux Patrioine Mondial (CIAP) があります.ぜひお立ち寄りください!

16 MIROIR D’EAU (ミロワール•ドー /水鏡)

ガロンヌ川岸再開発の一環として、景観作家のミシェル•クラジョーによる2007プロジェクトの伴となったのがミロワール•ドー. 今やボルドーを代表する名所となり、ボルドーっ子、家族連れのお気に入りの散策スポットです.

Newspapers in Japanese

Newspapers from France

© PressReader. All rights reserved.