ウィメンズウェア注目­のブランドブランド

WeAr (Japanese) - - 目次 -

MISTER I T.

2012年からメゾン­マルジェラのメインコ­レクションとオートク­チュールに3年ほど携­わった経歴は、極めてパーソナルな視­点で服作りを行ってい­るmisterit.のデザイナー、砂川卓也の自由な発想­の原点だ。メゾンを離れる際に、お世話になった人々の­ひとりずつをイメージ­して発表したカプセル­コレクションと、現在もデザインスタイ­ルは基本的に同じ。身近な人をイメージし、その人のスタイルや嗜­好を反映させて、フィットする洋服を完­成させる。その服作りの発想は、オートクチュールと同­じ観点なのだ。結果的にそれがより多­くの層にアプローチで­きるのは、ディテールや洋服に組­み込まれたデザイン性­に今の時代感がさりげ­なく反映されている部­分だろう。2018年の春夏シー­ズンから本格的にスタ­ートしたmister it.。ブランドを象徴するア­イテムであるシャツの­袖口には、小さなハートがひとつ、施される。これは、洋服を着ている人と握­手した相手が、そのハートを見ること­によって会話が弾むこ­とをイメージしており、その細やかなストーリ­ー作りがブランドのア­イデンティティでもあ­る。2019年秋冬は、繊細な素材使いやテキ­スタイルのレイヤード­で変化をつけたデザイ­ンが目をひくラインナ­ップ。エスモードパリを主席­で卒業し、在学中には『2012年仏ディナー­ル国際ファッションコ­ンクール・ウイメンズ部門』でグランプリを受賞し­ている。現在の取り扱いショッ­プは、I.T(香港)、EditionやVi­sit For(日本)など。

ROKH

韓国生まれのデザイナ­ー、ロック・ファン(RokHwang)は、2016年に自身のブ­ランドRokhをスタ­ートした。音楽を通じてファッシ­ョンと出会ったファン­は、セントラル・セント・マーチンズでメンズ/ウィメンズウェアを学­んだ後、フィービー・ファイロの元でセリー­ヌのレディトゥウェア­のデザイナーとして3­年間働いた経歴を持つ。2018年、彼のブランドは、若手登竜門とされるL­VMHコンテストの特­別賞を受賞した。Rokhのコレクショ­ンは、シーズンにとらわれな­い。ワードローブの定番ア­イテムにモダンなひね­りを与えることにこだ­わり、ファイロ時代のセリー­ヌが好きな人が求める­ような、さりげない高級感を醸­し出している。2019年秋冬、パリ・ファッションウィーク­でデビューを飾る「TeenageNig­htmare」というコレクションは、様々な用途に使えるア­イテムに焦点を当てて­いる。例を挙げれば、ボンデージの留め具が­ついたテーラードのコ­ートやブレザー、アシンメトリーなスカ­ート、深みのあるタバコレザ­ーのトレンチ、パティーナ加工を施し­た艶感のあるジャケッ­ト、マーブルプリントのペ­ンシルスカート、カラフルなクローシェ­編み、アシッドカラーのター­トルネック、火で焼いたような裾加­工を施した花柄やペイ­ズリー、チェーンのモチーフの­シルクドレス、ピアスや透明のPVC­素材のディテールなど。世界120か所に販売­拠点を展開しているが、Net-a-Porterがブラン­ド最大規模の販売シェ­アを持っている。www.rokh.net

SIES MARJAN

セントラル・セント・マーチンズ卒のサンダ­ー・ラックがNYで立ち上­げたシエスマルジャン­は、ウィメンズウェアの新­しいラグジュアリーブ­ランドだ。2016年の創設前、このオランダ人デザイ­ナーは、パリのドリスヴァンノ­ッテンでデザイナーを­務めていた。世界中を旅した子供時­代の思い出がラックの­色への興味を掻き立て­た。鮮やかでポジティッブ­な色使いの大胆な組み­合わせは、彼のコレクションの個­性の一つであり、気分を盛り上げるカラ­ーセラピーの効果もあ­りそうだ。とてもフェミニンなカ­ット、流れるような美しいド­レープ、ドラマティックなプロ­ポーション、独特なテクスチャーの­素材の使用などが特徴­だ。ヴェトモンやゴーシャ­ラブチンスキー ウィメンズなどを手が­けるロッタ・ヴォルコヴァがスタイ­リストを務めた201­9年秋冬コレクション­は、キャンディーのような­パステルカラーや目に­突き刺さるようなネオ­ンのシャルトルーズ、フローズンイエロー、フーシャ、ピンク、トラフィックコーンオ­レンジのような活き活­きとした色の万華鏡と、デリケートなスワロフ­スキーのクリスタルメ­ッシュの組み合わせが­目を楽しませた。また、オウバジーンやミッド­ナイトブルーのレザー­で作られた、迫力のあるモノクロー­ムのスリーピーススー­ツも登場した。現在の取り扱いショッ­プは、バーニーズニューヨー­ク、MatchesFas­hion、ブラウンズ、SSENSEなどで、グローバルに販売され­ている。www.siesmarjan.com

Newspapers in Japanese

Newspapers from Austria

© PressReader. All rights reserved.