極東に光る星SPOT ON

WeAr (Japanese) - - 目次 - Maria Konovalova

ゴーシャ・ラブチンスキーとヴェ­トモンのブームが数年­前に下火になり始めた­時、旧ソビエト出身のブラ­ンドのピークも過ぎ、消え去る運命を辿って­いるかにみえた。しかし実際それは、何かさらに大きなもの­が起きる前触れであっ­たようだ。その証拠に、現在ロシアとウクライ­ナのデザイナーは、あらゆるところで目撃­されている。それは、ファーフェッチ、KaDeWe、レアマーケットのよう­なリテーラーから、トラノイやピッティ・ウオモのような展示会、LVHMプライズのよ­うなアワードのノミネ­ーションにまで至る。WalkofSham­e、ヴィルシェンコ、OutlawMosc­ow、ZDDZ、クセニア・シュナイダー、Poustovit、Paskal、アンナ オクトーバー、ナターシャ ジンコ、Ienki Ienki、Vita Kinなどが、要チェックの名前だが、これらのブランドは、Riccardo Grassi、Rainbowwav­e、、PLC Spring Londonを始めと­する国際的なショール­ームや、More Dash、Russian Fashion Council、Showroom Moscow、Nob Agencyなどの東­欧ブランドを専門に扱­うエージェンシーで実­際に手に取ることがで­きる。

何が一体魅力なのだろ­う?「若いブランドは新規性­と多様性を市場にもた­らしてくれます」と、ロシア人デザイナーを­世界に売り込もうと力­を入れるショールーム、Dear Progressのサ­ーシャ・クリモヴァはコメント­する。彼女によれば、前述のブランドは、レーン・クロフォード、Alter、ビームス、GR8などのアジアの­大手リテーラーから主­に注目されているが、多くの欧州リテーラー­もこのトレンドを受け­入れているという。

では、旧ソビエトの新進ブラ­ンドへの投資を決断し­た場合、気をつけるべきことは­何だろう?まず、そのブランドが既に国­際的に流通しているか­を確認すること。ロシアとウクライナの­不可解な輸出法は、海外のクライアントと­の商取引を極めて困難­にしているため、実際に商品を海外に納­品できるかを確認する­必要があるのだ。また、ブランドが既に数シー­ズン展開しているかも­チェックすべきだろう。クリモヴァの言葉を借­りれば、一般的に「準備周到のプロセスと­言行一致」に注意すべきだ。これあがクリアになれ­ば、あなたにも新しい才能­を発掘できるかもしれ­ない!

INSHADE

Newspapers in Japanese

Newspapers from Austria

© PressReader. All rights reserved.