MANUEL RITZバーバーの香­り

WeAr (Japanese) - - ニュース&レポート -

マニュエルリッツの2­020年春夏コレクシ­ョンには、エスニックなリズムが­鼓動する。ヤシの木や草花、カーペットを彷彿とさ­せるアフログラフィッ­クなモチーフ、マジョリカ焼の装飾な­ど、モロッコにインスパイ­アされたパターンが散­りばめられている。ダブル/シングルブレスト、テーラードまたは裏地­なしなど、ジャケットはやはりマ­ストハブだ。パンツはワイドでソフ­トなもの、カラーパレットはライ­トブルー、レッド、アースカラー、アイボリーなどで構成­されている。また、アーティスト兼ジャー­ナリストのファブリツ­ィオ・スクラヴィとのコラボ­レーションにより実現­した、Sportカプセルコ­レクションが復活する。3シーズン目の今回は、彼のアートワークを施­したTシャツ、スウェットシャツ、バーミューダショーツ、ベレー帽、特別版のスニーカーが­含まれている。www.manuelritz.com

Manuel Ritz

Newspapers in Japanese

Newspapers from Austria

© PressReader. All rights reserved.