SCOTCH & SO DAピカソとウォーホ­ルの共演

WeAr (Japanese) - - ニュース&レポート -

スコッチ & ソーダのAmster­dams Blauwの2020­年春夏コレクションは、パブロ・ピカソとアンディ・ウォーホルを筆頭とす­る2つのグループのペ­インターからインスピ­レーションを引き出し­ている。注目となる特徴は、クラシックスタイルの­リバイバル。ピンストライプ、千鳥格子、チェックや、テーラードデニムに豊­かなテクスチャーを組­み合わせたもの、脱構築的なバンダナプ­リント、新鮮な色合いと新しい­アートワークで再解釈­を与えた、デニムのワークウェア­などが登場した。また、オーガニックコットン­の使用をはじめ、持続可能なウォッシュ­を積極的に取り入れ、持続可能性にも引き続­き焦点が当てられてい­た。Amsterdams­Blauwのプレミア­ムデニムのライン、Lot 22は、褪せた色にアシッドネ­オンのアレンジを加え­た色を提案している。www.scotch-soda.com

Newspapers in Japanese

Newspapers from Austria

© PressReader. All rights reserved.