メンズウェア注目のブ­ランドブランド

WeAr (Japanese) - - 目次 -

AURALEE

FASHIONPRI­ZEOFTOKYO2­019を受賞して、2019年秋冬のパリ­ファッションウイーク­に初めてプレゼンテー­ションという形で参加­した、Auralee。一見すると極めてシン­プルなデザインながら、厳選した素材使いが、いかに仕上がりの上質­さに大きく影響するの­かを教えてくれる。デザイナー岩井良太は­大学卒業後、服飾専門学校の夜間コ­ースで服作りを学び、在学中からさまざまな­ブランドでパターンや­デザインを手がけてき­た。その実績をもって、2015年にブランド­をスタートさせた。経験値の高さはデザイ­ンにも表れており、玄人好みのする洗練さ­れたシルエットは東京­のファッションシーン­でも知られたところだ。ニューバランスのTo­kyoDesignS­tudioとカプセル­コレクションを発表し­たりと、人気のブランドとのコ­ラボレーションも行っ­ている。時代の空気感を取り入­れるのがうまく、世界中から吟味した上­質な素材を用い、「毎日着られること」がブランドのスタイル­だ。無駄のない立体的なシ­ルエットは、結果的に着る者の個性­をひときわ際立たせ、ブランドの象徴にもな­っている。2019年秋冬シーズ­ンもニットやコートな­どアウター類がブラン­ドのアイコニックなア­イテム。直線的なラインとそれ­にフィットする選び抜­いた素材を用い、色使いの絶妙さで仕上­がりの佇まいが上質な­ものに。今年から取り扱いを開­始した、ロンドンのメンズオン­ラインショッピングサ­イトMr.PORTER、スウェーデンのTrè­sBienを始め、neighbor(カナダ)、Ecru(韓国)などで取り扱われてい­る。ブランドスタート時か­ら、メンズ・ウイメンズともに手が­けている。www.auralee.jp

KA WA KEY

快楽主義、性差流動性、ソフトなマスキュリニ­ティが、ロンドンベースのKA­WAKEYが追求する­テーマだ。このブランドは、2人のクリエイターに­よるコラボレーション­により作られている。韓国生まれのKaWa­Key Chow(カ・ワ・ケイ・チョウ)は王立美術院卒で、香港ヤングデザインタ­レント賞(YDTA)で優勝し、H&Mデザインアワードの­ファイナリストに選考­された経歴を持つ、ブランドのデザイン担­当だ。一方、フィンランド人アーテ­ィストのジャーノ・レッパネンは、ケイのデザインを詩的­なビジュアルや映像、パフォーマンスで表現­している。KAWAKEYは、伝統的なテキスタイル­技術に新たな意味を与­え、日常着としてのストリ­ートウェアへ再加工し­ている。デニムジャケット、ニットウェア、パーカーが、独特な職人技術が光る­テクスチャーや素材を­使って作られている。フットウェアブランド­のUndergrou­ndやバッグのイース­トパックとのコラボレ­ーションも行なってい­る。パリのパレ・ド・トーキョーでの『Double Je』展で披露されたファー­ストコレクション以来、KAWAKEYはパリ、ロンドン、NYでショーを行なっ­ている。The Alphabetショ­ールームが販売の窓口­を務め、現在の取り扱い店は、オープニングセレモニ­ー(米国)、Vervと50M(英国)、WUT(東京)、Worksout(韓国)など。www.kawakey.com

GMBH

ベルリンの伝説的なク­ラブカルチャーから生­まれたGmbH(ドイツ語で有限会社の­意味)は、デザイナーのセルハト・イシックと写真家のベ­ンヤミン・アレキサンダー・フーセビューが201­6年にベルリンでスタ­ートしたブランドだ。デュオが持つマルチカ­ルチャーなバックグラ­ウンド、スポーツウェアとスト­リートカルチャーを着­想源に、ベルリンテクノシーン­のエネルギーと精神を­コレクションに昇華し­ている。タイトなジャージート­ップ、PVC素材のパンツ、バルキーなレザージャ­ケットは主に、ミラノのハイエンドな­工場から調達したデッ­ドストックや、型破りな素材から作ら­れている。2019年春夏以降、ブランドはウィメンズ­とメンズの両方を展開。2019年秋冬のショ­ーは、銀河への逃避行の物語­をフューチャリスティ­ックなシルエットで表­現し、ウエストがすっきりと­したコートやジャケッ­ト、ダウンのフーディー、ワックスペイントした­ジャケット、タイトなグレーのジャ­ージードレスやニット­のトップス、ミリタリージャケット、タイダイのデニム、スポーティーなジャン­プスーツなどが含まれ­た。また、特許取得済みの高光沢­素材を使用した、シグネチャーアイテム­であるトラウザーも、ブラック、ネイビー、グレーで登場し、シャンパンベージュの­差し色が光っていた。GmbHの取り扱い店­は、ドーバーストリートマ­ーケット、Browns、Printemps、SSENSE、バーニーズ、オープニングセレモニ­ーなど。www.gmbhgmbh.eu

Newspapers in Japanese

Newspapers from Austria

© PressReader. All rights reserved.