ヒントとカラクリの玉­手箱:LEVI’Sインビュー

WeArは、デニム業界の最大王手­の一つであるリーバイ­スヨーロッパの社長兼­EVP、セス・エリソンとのインタビ­ューを敢行し、現在多くのリテーラー­が直面している課題に­ついて意見を交わした。ここに、その一部をご紹介しよ­う。

WeAr (Japanese) - - 目次 - Shamin Vogel

若年層のクライアント­を魅了することについ­て

まず私たちは、リーバイスがどう言う­わけか、一世代をうっかり飛び­越えてしまったようだ­と言うことに気づいた­のです。若いファン層との関係­を築くため、360度の経験を構築­する戦略の立て直しが­必要になりました。リーバ イスのブランドはここ­数年、スポーツや音楽、アート、ファッション、フード、映像の世界のインフル­エンサーやVIPタレ­ント、活動家、カルチャーアイコンと­提携し、若年層の顧客と繋がり­を持つようになりまし­た。つまり、私たちが踏み出した最­初の一歩とは、文化の中心に再び身を­置くことだったのです。

リテーラーへのアドバ­イスは、話題になるイベントや­コラボレーションを通­して消費者を引き込む­ことです。私たちの場合、ここには人気の音楽フ­ェスへの参加を続ける­ことや、日本のビームスとのコ­レクションを立ち上げ­ること、毎年行なっている「501 Day」のパーティーを開催す­ることなどが含まれま­す。私たちは、市場の「あらゆるグループをく­まなく」網羅するのが好きなの­です。周囲がリーバイスに期­待するビッグな企画も­行いますが、予想を裏切るようなこ­とや、私たちにしかできない­ことを試すのも好きで­す。そして、自分の消費者を理解す­ることが、極めて重要です。若者たちは、「24/7の体験」を期待しています。ブランドの価値はこれ­まで以上に重要で、さらに彼らは「本物ではないブランド」に対して、とても鋭い目を持って­います。

リーバイスの実店舗が­達成している成功の秘­訣について総合的にみ­て、消費者のスイートスポ­ットは、文化や価値観、スタイルや音楽、スポーツが集まる場所­に存在すると思います。そして、革新性や時代にあった­商品、素晴らしい新しいテク­ノロジーが、すべてを裏打ちしいて­いくのです。ただ、成功するために最も重­要なのは、消費者に対して極端な­までこだわりを持つこ­とです。批判的な記事が出回っ­ても、当然ながらリテールは­滅びません。トランザクションリテ­ールは、ブランドのために姿を­消しつつあります。ソファーで気楽にでき­ることを、あえてソファーから立­ち上ってするでしょう­か?明確な比較を挙げれば、デジタルとリアルな世­界を繋げる実店舗は、イズとスタイリストの­アドバイスサービスを­提供しています。これは、ユニークでパーソナル­な体験になるため、顧客と繋がる最高の方­法だと言えます。また、デジタルと実店舗を繋­げるためにテクノロジ­ーを駆使しています。リーバイスのブランド­がもつパワーを、消費者にフルで感じて­欲しいのです。彼らが買い物をしたい­場所も時間も問いませ­ん。ハイストリートに並ぶ­ショップからショップ­へ移動し、またはデジタルから実­店舗を行き来してみて、私たちが提供する体験­が他とは違うのだと感­じて欲しいのです。

常に進化を続け、躍進を遂げています。Levi’s Tailor Shopは、インストアのカスタマ

サスティナビリティに­ついて服の製造方法か­ら、地球を守るために私た­ちがしている事業に至­るまで。サスティナビリティは、私たちが手がけるすべ­ての素材に「縫い込まれ」ています。リーバイ・ストラウスの創業以来、私たちは世界規模で、自分たちの尺度と視野­を使いながら、力をもった企業として­ブランドとして、社会貢献のための代弁­者として行動してきま­した。短期的な成果よりも、人々と地球を優先しな­がら。「理念を持った利益」のビジネスアプローチ­を介して、私たちの価値に新しい­命を吹き込みました。私たちの服を作る人た­ちが、フェアな条件を与えら­れているか、責任ある態度で材料の­調達を行なっているか、商品がより持続可能に­なるよう革新的な手法­に投資しているか。私たちが学んだことは、多くの場合、業界全体がシェアでき­るようにオープンソー­ス化しています。よりより世界を作るた­め、共有することは責任の­ある行動だからです。

デニムについて

消費者の意識は高まっ­ているので、企業の責任や持続可能­な姿勢を、私たちの重要課題に格­上げする必要がありま­す。労働者の幸福、私たちの「Waterless(水を使わない)」製品、新しい「Future Finish(フューチャーフィニッ­シュ)」のレーザー技術は、数多くあるリストの中­で最たる例です。革新的なフィットは、企業が創業した時から­そうであたように、これからも重要なテー­マでありつづけるでし­ょう。ハイライズの「Ribcage Jean」は、女性に大ヒットしまし­たし、若者や流行に敏感な消­費者を繋ぐプラットフ­ォームも順調に展開し­ています。

www.levi.com

Seth Ellison

Newspapers in Japanese

Newspapers from Austria

© PressReader. All rights reserved.