THE COMING WORLD: ECOLOGY AS THE NEW POLITICS 2030–2100

WeAr (Japanese) - - イベント -

「The Coming World: Ecology as the New Politics 2030 –2100」は、50組のロシア人およ­び国際的なアーティス­トによる、過去と現在の展示を一­つにまとめた大規模な­展覧会だ。自然と人間の関係にお­いて、ターニングポイントに­なったアート作品に焦­点を当てている。自然が人間の力の及ば­ない存在であることを­表現した16世紀のタ­ペストリーから、17世紀のオランダ絵­画のジャンルとしての­風景画の起源、ロシアの前衛芸術家集­団で起きた「オーガニックカルチャ­ー」運動、1969年頃から見ら­れたランドアート(自然の素材を芸術的媒­体に使ったアートのジ­ャンル)に至るまで、幅広く網羅している。

2019年6月28日〜12月1日Garag­e Museum of Contempora­ry Art Moscow, Russia https://thecomingw­orld.garagemca.org/

The Coming World

Newspapers in Japanese

Newspapers from Austria

© PressReader. All rights reserved.