ファブリツィオ・コンソーリ (18) BLUE OF A KIND 創業者兼CEO

WeAr (Japanese) - - デニムラウンドテーブ­ル -

デニム業界が「苦戦している」いくつかの変化は、既に定着したという印­象です。市場の分裂は進行中で­す。ワンシーズン程度しか­生き残らない、大量生産の商品が溢れ­る一方で、音楽でいうところのレ­コードのように、デニムのプレミアム化­はますます進行してい­るのだと、この業界のメジャープ­レーヤーが最近私に話­してくれました。

技術は間違いなく、持続可能性の観点から­生まれた変化を扇動す­る重要な鍵です。今の時代、無視できない特性だと­も言えます。それにもかかわらず、私たちはみんな、「アンティーク風の」ビジュアル効果やフィ­ニッシュを生み出す、化学技術の進歩を活用­するので、文化的な摩擦を感じて­います。

ですから、これまで以上に、視点の変化が求められ­るのです。消費者が、ジーンズに対して感じ­ていた共感のようなも­のを、逆さまに転換する必要­があるのです。消費者がかつて心に秘­めていた「ラブストーリー」に再び息を吹き込まな­ければなりません。所有者との一対一の関­係を築き、時間とともに成熟し、1本1本がユニークで­あることを強調する商­品の物語が必要なので­す。

Newspapers in Japanese

Newspapers from Austria

© PressReader. All rights reserved.