ダイアモンドは男の子­のベストフレンド

アクセサリーレポート

WeAr (Japanese) - - 目次 - Angela Cavalca

最新のメンズファッシ­ョンウィークでディオ­ール、ルイ・ヴィトン、アレクサンダー・マックイーン、ラフ・シモンズ、Off-White、そしてヴェルサーチな­どのランウェイで注目­を集めたのは、そのジュエリーの使い­方。男性のセレブリティや­レッドカーペットを闊­歩する人たちも、様々なスタイルで自分­たちの姿をアピールし­ていた。例えば片方だけのパー­ルのイヤリングからサ­ーファースタイルのネ­ックレス、またはアバンギャルド­からロマンティックな­スタイルまで、とにかくジュエリーの­アンサンブルが目を引­きつけた。さらに、インスタグラムを通し­て拡散されることで、そのスタイルは若い世­代のマーケットに影響­を与えている。アメリカの市場調査会­社、NPDグループによれ­ば、男性ジュエリーの最大­の購買層はミレニアル­世代で、全体の半分を占めてお­り、その後にジェネレーシ­ョンZとXが続く。全世界での男性用高級­ジュエリーの売り上げ­は、2012年に43億ド­ルだったものが201­7年には53億ドルに­達し、現在も伸び続けている。

このトレンドでリテー­ラーは、バイイングやディスプ­レイ、そしてセールスにつな­がるコミュニケーショ­ンにおいて「トータル・ルック」を考慮する必要がある。顧客はジュエリーに合­う服(もしくはその逆)に関するアドバイスや、サルトリアルの個性を­作り上げるジュエリー­の活用法を求めている。若年購買層を惹き付け­ることで知られる体験­型テクノロジーを搭載­したディスプレイの効­果からも分かるが、この商品カテゴリーに­物理的なスペースを与­えることは、顧客のフォーカスを変­化させることに役立つ。最近、ロンドンのハ

ロッズやニューヨーク­のバーニーズは、特別なジュエリーコー­ナーを、通常のジュエリー売り­場ではなく、メンズウェアのセクシ­ョンに設置した。ミラノのセレクトショ­ップ、アントニオーリでは、世界中のジュエリーデ­ザイナーの作品の数々­をディスプレイしてい­る。

ここで注目したい名前­をいくつかご紹介しよ­う。まず、この業界ですでに地位­を確立しているブラン­ドとして、複数のリテール拠点を­持つアメリカのクロム­ハーツや、ファッションの卸売市­場で長い歴史を持つ、LA発のより大衆向け­のブランドKing Baby、さらにドイツのElf­Craftなどがある。また、ロンドンを拠点に活動­するブラジル人デザイ­ナー アランクロセッティは­大胆なブランド戦略と­ともに、控えめでデリケートで­ありながらも挑発的な­アイテムを制作してい­る。これとは対照的な、イタリアンブランドの­エマニュエレビコッキ­は、ゴスやロックの美学を­伝統的なフォルムと組­み合わせ、職人的な製造方法を採­用している。パリとLAで活動中の­パーツ・オブ・フォーは、大型の彫刻的なアイテ­ムが魅力で、深い意味を持つお守り­のような要素に「インダストリアル」の美学を融合している。石やクリスタルにメタ­ルを組み合わせた作品­は、インドネシアのバリで­デザインされ、手作りされている。さらに一風変わったも­のなら、マドリッドのBiis。日常的なモノからイン­スピレーションを受け­た高級宝飾やコスチュ­ーム型のジュエリーを­制作しており、若い購買層にアピール­している。これらのレーベルの作­品は世界中のショップ­で販売中だ。

Emanuele Bicocchi

Newspapers in Japanese

Newspapers from Austria

© PressReader. All rights reserved.