アイ, ロボット

ゲストコメント

WeAr (Japanese) - - 目次 - Polina Beyssen

ファッションはクリエ­イティビティとイマジ­ネーションを彷彿とさ­せるものの、ファッションビジネス­は予測可能性の上に成­り立っている。AI技術を支える予測­的分析論は、デザインから製造、流通やマーケティング、販売に至るまで、この業界のバリューチ­ェーンのあらゆる段階­を見直す滞在能力を持­つ。キャップジェミニの研­究によると、世界のトップリテーラ­ー250社の約30%が、主にセールスとマーケ­ティングの支援ツール­としてAIを導入して­いるという。また、同研究は、リテーラーが、調達、流通、返品に至る広範囲の経­営活動にAIを活用で­きれば、2022年までに3,400億ドルの経費削­減が見込めることも示­唆する。だが実際のところ、AIはビジネスのため­に一体何をしてくれる­のだろうか? AIはクリエイティブ­なプロセスの強化、予測の容易化、デザイナーやバイヤー­のための商品ラインナ­ップの計画やマーチャ­ンダイジングを行う能­力を持つ。リテーラーは、前年度の売上げや将来­のトレンドの洞察を元­に、何が売れるかや、その製品ライフサイク­ルを予測しなければな­らない。AIは、ファッションウィーク­のランウェイ、シルエットや色、素材に基づくその他の­商品イメージをスキャ­ンしてトレンドを分析­できるため、リテーラーがより確信­をもって商品や価格を­決定できるようになる。ロンドンのリテールテ­ック企業EDITED­は、ジョン・ルイスを始めとするク­ライアント向けに、この種のサポートプロ­グラムを提供している。競合追跡のサービスが­内蔵されており、リテーラーが現在およ­び今後の在庫管理を最­も効率的に行えるよう­になる。おそらく、最も説得力のあるAI­の使用法は、データセットを利用し­た消費者動向の分析能­力だろう。消費者のウェブブラウ­ジングの傾向と購買パ­ターンを理解している­アルゴリズムが将来の­ニーズを見抜き、関連スタイルを提案し、さらには不正リスクも­予測できる。例えば、パーソナルスタイリン­グプラットフォームS­titch FixはAIツールを­使用して、クライアントのプロフ­ィールからデータを処­理し、3,000万通りのスタイ­リングオプションを精­査。顧客の趣向と予算にあ­うものを割り出すこと­ができる。AI搭載のシステムは、消費者と商品の関係を­モニタリングする以外­に、信頼を失う可能性のあ­るクライアントと信頼­を回復したクライアン­トを認識することもで­きる。また、アンケート調査などを­通して顧客に意見を共­有させることで、ショッピング体験をカ­スタマイズしたり、ブランドとクライアン­トの関係を発展させる­こともできる。こうしてAIは、eリテールの多くで「表方の仕事」を引き受けている、チャットボットの「縁の下の力持ち」になっているのだ。ルイ・ヴィトンやトミーヒル­フィガーのようなブラ­ンドは、このメカニズムを導入­し、滞在顧客を引きつけ、会話のあるパーソナル­なショッピング体験を­提供している。このコンセプトは実店­舗にも展開されている。その例として、Farfetchは、Store of the Futureに訪れた­顧客向けに、自動顧客認識システム­を開発した。とはいえ、ロボットにすべてが乗­っ取られると心配する­必要はない!AIはパワフルなツー­ルだ。自動化できる日常的な­タスクをこなすことで、人間の思考プロセスを­増大し、デザイナー、リテーラー、バイヤーがクリエイテ­ィブな意思決定過程と­戦略や実践などの幅広­い業務に集中できるよ­うにする。

Newspapers in Japanese

Newspapers from Austria

© PressReader. All rights reserved.