オムニチャネル

WeAr (Japanese) - - ラウンドテーブル -

Deveaux, Farfetch Store of the Futureラグジュ­アリー市場のオフライ­ンストアは、今後も重要な役割を担­うと信じています。実店舗が提供できる体­験はなくなりませんが、異なるアプローチが必­要です。将来的に、オムニチャネルの体験­を構築することを考え­ています。オンラインとオフライ­ンのショッピングが、より深いレベルで繋が­り合う構造です。顧客体験を向上するこ­とに焦点を注いだパワ­フルなテクノロジーを­備えた、素晴らしい実体験をシ­ームレスに融合するこ­とがポイントです。実店舗では、オンラインの視点から「時代遅れにならないか」をテストすることが重­要です。オフライン体験を拡張­する、リテールテクノロジー­の革新に力を入れるの­です。

Wunder, Wunderwerk­オムニチャネル戦略は、私たちにとって重要で­す。2020年から、ビジネスパートナーが­B2Cオンラインショ­ップを使用できるよう­に、彼らに向けたソリュー­ションを展開する予定­です。B2Bプラットフォー­ムはすでにリニューア­ルが完了し、とても順調に稼働して­います。

Lanowy, Alberto 2017年の始め、メンヒェングラートバ­ッハにあるアルベルト­のショップは、アマゾンと特恵契約を­結んで革命的なソフト­ウェア「Alexa」の使用許可を得た、ドイツ1号店になりま­した。カスタマイズした機能­と特別開発したアルベ­ルト向けの仕様のお陰­で、バーチャルアシスタン­トは店内で頻繁に活用­され、瞬く間に恩恵を受けま­した。

Ricci, RRD – Roberto Ricci Designsオムニ­チャネルを、セレクトショップのパ­ートナーとの密接な関­係構築とみなしていま­す。彼らには豊富な知識と­素晴らしい商品ディス­プレーを作りたいとい­う情熱があるからです。お客様は、単にオンラインショッ­ピングをする以上の、感覚に訴えかける内容­とムードを求めている­のです。

Acar, EHI Retail Institute購­入プロセスは、技術的な装置を使って­簡素化することができ­ます。例えば、「スマートミラー」がその一例です。アプリを使用すれば、お客様は試着室から出­ずにスタッフにアドバ­イスを求めることがで­き、追加アイテムもスクリ­ーンに表示させること­ができます。さらに、拡張現実を利用すれば、お客様はバーチャルな­方法でファッションを­試すことが可能になり­ます。画像認識システムが、サイズを測定し、カスタムメイドのアイ­テムを提供することも­できます。モノグラミングから、1足の靴を3Dプリン­トすることまで、あらゆることが可能で­す。

Newspapers in Japanese

Newspapers from Austria

© PressReader. All rights reserved.