MARCHE ET DÉMARCHE

WeAr (Japanese) - - イベント -

パリ装飾美術館は、『マルシェ エデ マルシェ』展で、引き続きファッション­と身体の関係を掘り下­げていく。この靴の歴史の展覧会­は、中世から現代までのス­タイルの進化とフット­ウェアの文化的な意味­合いを振り返る。靴に加えて、美術館の豊富なアーカ­イブやコレクターの所­蔵品から絵画や装飾美­術、写真、映像、広告なども展示され、ストーリーの奥行きを­深める。コスチューム(クリスチャン ルブタンやデビッドリ­ンチのバレエシューズ)やハイファッション(ラフシモンズによるク­リスチャンディオール­の靴)から、歴史的な所蔵品(マリー・アントワネットの室内­履き、1792年)、アバンギャルド(イリス・シーファーシュタイン­の“ひずめ”、2006年)まで、異なるカテゴリーで披­露され、歩くという日々の動作­に疑問を投げかける内­容だ。

Newspapers in Japanese

Newspapers from Austria

© PressReader. All rights reserved.