第4回中日企業家および元政府高官対話

People's China - - Up-to-date News -

第4回中日企業家および元政府高官対話が10月11、12日、北京で行われた。李克強総理は10日、同対話の日本側代表と会談した。

李総理は、「中日両国が相互補完し、貿易・投資、財政・金融、革新、ハイテクなどの分野で協力を拡大し、第三国市場を共に開拓し、多国間主義と自由貿易体制を守ることを願う」と述べた。

双方代表は同対話で、中日の経済情勢や経済発展の戦略を巡り話し合い、共同声明を発表した。

中国側の代表は次のように述べた。「中日両国はグローバル産業チェーンの中でそれぞれの優位性を備えており、手を携えて努力を重ね、国際経済秩序と地域の安定・繁栄を共に守り抜くべきだ。両国の企業家が積極的に行動し、中日の経済貿易協力のレベルと質をいっそう引き上げることを願う」

日本側は、「日中双方は積極的に投資と貿易の円滑化と自由化を推進し、製造業とサービス業での構造転換やグレードアップを進め、高齢化への対応、経済と環境との調 和の取れた発展の実現などの面で実務協力を展開し、日中関係の全面的な改善に向けて共に努力し、世界経済の安定と発展にしかるべき貢献を果たしていかなければならない」と話した。

また双方は、省エネ対策や環境保護、クリーンエネルギー協力、「一帯一路」の共同建設、第三国市場協力などの課題について深く意見を交わした。

Newspapers in Japanese

Newspapers from China

© PressReader. All rights reserved.