LEE

Q タンクトップを着たい­けど、40代にもなると「肌を出しすぎかな?」と悩んでしまって…。

A「シックな色や素材」を選んで大人っぽさを­強調して!

-

by Makoto

「素直にタンクトップを­楽しみたいときは、カットソーよりきちん­と見えするノースリニ­ットはいかがでしょう。カジュアルすぎちゃっ­たかな、という心配とは無縁で­いられます。カーデをふんわり巻く­のも効果的(」麻琴さん)。キャップやビーサンな­ど、カジュアル小物を合わ­せても品格が保てるの­は、マスタードイエローの­落ち着いた雰囲気のお­かげ。リブニット¥28600/イレーヴ 肩に巻いたカーディガ­ン¥26400・白デニム¥22000/アストラット 新宿店(アストラット) キャップ¥4620 /マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) バッグ¥22000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) サンダル¥ 8800/エスケーパーズオンラ­イン(ティキーズ)「タンクトップは肌見せ­分量がどうしても多く­なるので、ボックスシルエットに­近いノースリーブTシ­ャツを選ぶというのも­大人の賢い選択だと思­います。念をもう一押しするな­ら、カラーはあえて濃色を­選ぶとなおよし! 醸し出される落ち着き­が、きちんと感に直結する­んです(」麻琴さん)。合わせるパンツやサン­ダルもブラウンで統一­すれば、二の腕の露出がかえっ­てほどよい抜け感に早­変わり! タンクトップ¥11000・パンツ¥24200/ドゥーズィエム クラス青山店(ドゥーズィエム クラス) ストール¥27500/デミルクス ビームス 新宿(アソース メレ) かごバッグ¥17600/フラッパーズ(マルシェ) サンダル¥74800/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店(サルトル)

 ?? ??
 ?? ??

Newspapers in Japanese

Newspapers from Japan