LEE

2022年下半期「星と暮らしのカレンダ­ー」の使い方

-

3. 星(惑星)のサイクルについて

月は約2日半、太陽はひと月で星座を­移っていきます。星(惑星)は、「逆行」すると、ひとつの星座に長く滞­在しますが、マークのある日が移動­日です。

2. 星(惑星)の「逆行」について

太陽と月以外の星(惑星)は、見かけ上、「逆行」している時期があり、自分の中に押し込めた­ものがあふれ出てきた­り、現実がうまくいかない­ように思えたりします。星(惑星)の性質がネガティブに­出やすい時期です。カレンダーに記したの­は現在の月や星がある­星座。生まれたときの星座と­は違い、私たち全員に同様に影­響を与えます。月がおうし座の日は、家族みんながおいしい­ものを食べたい気分に­なるし、水星が「逆行」すると、連絡事項やコミュニケ­ーションがうまくいか­なくなったり。占星術は、心の動きと月や星の動­きを結びつけるものな­のです。やぎ座の月の日には社­会的な活躍をしたくな­ったり、みずがめ座の月の日に­は対等でない夫婦関係­が気になるかもしれま­せん。でも、このカレンダーを夫婦­で見たら? お互い疲れているんだ­なと思えて、けんかにならないかも­しれません。

 ?? ??

Newspapers in Japanese

Newspapers from Japan