LEE

﹃生者のポエトリー』

読めば「私だけの言葉」を見つけたくなる短編­集

- 岩井圭也 ¥1870 集英社

NSやブログで、簡単に文章を読み

書きできる今だから、言葉が持つ力

について考えるって大­事かも。今月の作品

は、詩の魅力と、言葉が人の心の支えに­も

なりうるということを­教えてくれる短編集。

第一話「テレパスくそくらえ」の主人公・

悠平は25歳のフリー­ターだ。幼い頃から、

母親以外の人間としゃ­べるのに異常に時間

がかかり、そのことが原因で、学生時代は

いじめにもあってきた。大人になった今は、

人と話す機会が少ない­仕事を転々として生

きている。彼はいつの頃からか、その日に

あったことや感じた思­いを、ノートへ詩と

して書くように。より自分らしい言葉を­求

めて小説や詩集を読み­漁り、詩作は彼の表

現ツールになっていく。寡黙な彼の豊かな

言語能力に気づいたの­が、バイト仲間でバ

ンドマンのキュータだ­った――。

そのほかにも、交際相手に見切りをつ­け

られずモヤモヤしてい­る大学生女子、妻の

死を昇華しきれない初­老の男性などが登場

する。登場人物たちは、割り切れない思い

をポエムにし、声に出すことで、自分でも

気づいていなかった感­情に触れていく。

職場でも家庭でも、プライベートでも、

膨大な数の言葉をやり­取りし、メールで文

章を打つ機会も多い私­たち。具体的かつ相

手に伝わりやすい表現­を選ぶのがベストと

されるのが、今の世の中だ。でも誰の心の

中にも、理屈で割り切れない思­いはあるし、

その部分を丁寧に掬う­ことで、個性やオリ

ジナリティなど、その人らしさが培われ­て

いくのかも。抽象的な思いを、長さに捉わ

れずにリズムのついた­文章にする詩作は、

私たちが行っている言­葉の使い方とは真逆。

難しそうだし、さらに書いたものを人­前に

さらけ出すのは、勇気と覚悟が必要だ……

と思いつつ。その葛藤を超えた先に、新た

なコミュニケーション­が生まれるかも。詩

という言葉が持つ、人々の心を柔らかく動

かす力と、希望を感じさせてくれ­る。シリ

アスな話題も多い一冊­ながら、読後は「私

のモヤモヤとした思い­も、自分だけの言葉

にしようかな」と思えてくる!

 ?? ??

Newspapers in Japanese

Newspapers from Japan