東日本橋・アナトミカに大人が集まる理由

Men's Club(メンズクラブ) - - 名品を日常使いしてこそ格好いい - Photograph / Omi Tanaka Text / Momoko Ikeda Edit / Masahiro Nihikawa

東京・東日本橋といえば古くからバッグや靴職人の多い町。そのエリアに佇むショップ〝、アナトミカ〟には、 洋服を生業とするスタイリストたちも愛してやまない名品が、数多く眠っていました。

「寺本さんはアナトミカのデザイナーで あり、ブランドのすべてみたいな人。この 店に来ると、寺本さんのセンスが反映され た洋服の仕立てや生地の素材感にいつも 驚きます」とスタイリストの鈴木肇さん。 「このシェットランドのセーターは、 天巾のバランスが絶妙で首まわりやリ ブなどデザインセンスがすごくいい。 アンサンブルで着たいですね。2番目 はドールマンジャケット。このキナリ はウールで、ほかのマスタードやネイ ビーのものはコットン仕様。コットン かウールの素材だけの違いで、洋服の シルエットが変わって見えるのが面白 い。3番目のロングピーコートは昔の ミリタリーデザインで、裏地はサテン 素材を取り入れ、クラシックな仕立て をアナトミカ流にモダナイズしたアイ テム。寺本さんの審美眼がさすがです」  展示会ではコートやシャツをよく購 入するというスタイリストの四方章敬さん。 仕事のクセでつい生地や仕立てなど細 部をチェックしてしまうのだとか。 「今回1位に選んだのは、グレイへリ ンボーンのリバーシブルコート。裏地 のブラックのギャバジンと両A面で着 られてとても使いやすそう。僕ならザ・ ピッティおじさんにならないように、 イタリア的なコーディネイトに取り入 れますね。2位もラグランコートです が、よーく見ると生地がメランジっぽ いヴィンテージ感のある仕上げでうま いなって思います。3位のパンツもク ラシックなウエストの作りや大柄のタ ータンチェックのありそうでないデザ インがいい。コートやパンツ、シャツ に関しても生地選びのセンスがいいの が、アナトミカの魅力ですね」

今見ると新鮮。これなら今のスタ のですが、どこか王道のデザインが 感がダッドシューズっぽくもある の憧れ的ブランド。このボリューム 力があります。〝ケイパ〟は、当時 るこのデザインには、色あせない魅 された名作モデルのジャズに繋が 知されてきましたが、後年に発売 えるようになり、サッカニーも認 の前身ブランド。日本で気軽に買

ムが気に入ってるよ﹂。これから るのが僕流の着こなしだよ﹂

Newspapers in Japanese

Newspapers from Japan

© PressReader. All rights reserved.