矢部克已さん太鼓判、U-20万円の傑作スーツ

イタリアに渡り、クラシコを知り尽くした

Men's Club(メンズクラブ) - - 名品を日常使いしてこそ格好いい - Photograph / Yuichi Sugita(bghe) Styling / Yosuke Mizuno Text & Edit / Satoru Yanagisawa

ものばかり。ぜひ一度、袖を通し ンスを高いレベルで実現している 万円相当のスーツは、そのバラ こで紹介した着をはじめとした も組み合わさってできていて、こ る。スーツは細かな要素がいくつ けで、見え方がいつもと違ってく 地の質感や柄をちょっと変えるだ %スーツの顔を決める。また、生 脇ポケットより上の表情が100 ﹁肩のライン、そして胸という、 す﹂と断言する矢部さん。 しを見極めることができるんで ツであっても、そのものの良しあ 仕事着の大半が6〜7万円のスー を体感することで、たとえ普段の ーツもそれと同じで、上質なもの 級のワインを知っているから。ス 味の違いを説明できるのは、最高 00円のワインであっても微妙な ﹁ソムリエの田崎真也さんが15

ドレスウエアの最先端をキャッチするなら伊勢丹メンズ館の動向を探るのが一番。ドレス担当バイヤーの稲葉さんに、今年売れたアイテムベスト3を聞きます。

Newspapers in Japanese

Newspapers from Japan

© PressReader. All rights reserved.