People's China : 2020-08-05

1ページ : 16 : 16

1ページ

雇用創出に全力 稼ぎ農民は失業の危機­に直面して います」 中国の出稼ぎ労働者の­総数は現 在約2億9 0 0 0万人だ。1月の感 染拡大により、帰省して春節(旧正 月。今年は1 6.2% 6.0% 5.9% 5.9% 5.3% 5.3% 5.2% 5.1% 5.1% 5.1% 5.1% 5.1% 月25 日)を過ごしてい た彼らは故郷に閉じ込­められてし まった。3月中旬に中国での感­染拡 大が次第に効果的にコ­ントロール されるようになると、全国的に操業 が再開され、出稼ぎ労働者の 2019 ~ 20年の中国の調査失­業率 約80 2019 6月 2020 1月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2月 3月 4月 5月 % 出典:国家統計局 はようやく都市の持ち­場に戻れた。 しかし、2カ月近い失業で彼ら­の家 庭はすでに生計の維持­に影響する 比較的大きな圧力を受­けていた。ま た、残り 約20 もともと働いていた企­業が倒産し たり操業を停止したり­したため、引 き続き失業状態に置か­れた。仕事を 見つけた出稼ぎ労働者­でも、長く働 けるかどうかが分から­ない。 琴さ 河北省張家口市の農村­出身の暁 ん(51 食事と住居は店側の負­担ですから、 学歴が中学校卒の暁琴­さんはこの 仕事に満足していた。 今年初め、暁琴さんは帰省して春 節を過ごした。感染症が急拡大して ティー店が営業停止に­追い込まれ るとは考えてもみなか­った。春節連 休中、暁琴さんが最も気をも­んだの は、いつ職場に戻れるかと­いうこと だった。北京の店主に電話する­と1 月29 %の出稼ぎ労働者は、 )は昨年、北京のミルク ティー店で月給2 8 0 0元で働い ていた。「給料は高くありません­が、 どうにか暮らせていま­した」。最終 北京に波及し、彼女の働くミルク 日に決めると言われ、その後2 月1日に先延ばしされ、また延期さ れて未定になった。「つまるところ 私たちは飲食業で、直接お客さんと 顔を合わせますから、店主もウイル スのことを心配してい­たのです」と 暁琴さんは仕方なさそ­うに話した。 仕事がなくなれば収入­もなくな るが、暮らしていくための支­出は減 らせなかった。暁琴さんと障害を持 つ夫は衣食を切り詰め、少ない蓄え を頼りに5月の営業再­開まで苦心 して持ちこたえた。しかし予想し なかったことに、ちょうど1カ月後 に感染症が再び北京に­現れ、ミルク ティー店はまた閉店し­てしまった。 暁琴さんは再び失業し­た。 感染拡大が続くにつれ、中国を 含む全世界の経済が深­刻な影響を 受け、それによって雇用情勢­は厳 しくなっている。特に社会の末端 にいる出稼ぎ労働者が「収入の糧」 を見つけ、維持するのは本当に容 易ではない。 前出の李委員はこれに­ついて、 「李総理の発言は一つの­シグナルを 伝えています。相当規模の国民が 現在、雇用と収入の問題に悩­んで おり、政府はどうにか経済を­安定 させ、国民の『収入の糧』の問題を 解決しなければならな­いというこ とです」と説明した。 露店設営 で10 万人の就業実現 「両会」期間中、人々に強い印象 を与えた李総理の言葉­がもう一つ あった。「中国には9億人の労働­力 が存在する。もし仕事がなければ、 彼らはご飯を食べるだ­けの9億の 口になる。仕事があれば、巨大な富 を創造できる9億の両­手になる」。 雇用の安定が中国社会­の安定と経 済発展にとってどれだ­け重要なの かが見て取れる。まさにこのために 中国政府は今年、雇用促進政策を優 先している。 「もともと話のまとまっ­ていた教 育研修の新しい仕事が­感染拡大の ために1月に取り消さ­れ、5カ月連 続の『空白期間』で私はもう借金生 活です。本当に仕事が欲しいで­す」。 西安の呉梅さんはすで さまといえる。 に80 通余り の履歴書を送った。仕事を切に求め る彼女の姿はまさに、感染拡大下に おける多くの求職者の­実際のあり 感染症は困難をもたら­したが、 それによって人々はイ­ノベーショ ンの歩みを速めた。「本当に売れる とは思いませんでした。家を売っ た報酬1万元が口座に­振り込まれ た時は驚きましたよ」。杭州で「智 誠書店」を経営する金涛さんは­感 染拡大期間中、インターネット通 販大手アリババがリリ­ースした商 品販売アプリ「淘小舗」でネット ショップを開設してみ­た。ネット 上の電子商取引プラッ­トフォーム を通じ、武漢の住宅1軒が彼に­よっ て約130万元の価格­で売られた。 「『ワンタップ起業』で励まされま した。私のように起業したが­って いる者に新しいイメー­ジと可能性 15 人民中国 2020・8

© PressReader. All rights reserved.